Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/syunyomi/nozokiana.net/public_html/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
宮下瞳の旦那や兄も騎手!年収や若い頃のかわいい人気画像

宮下瞳の旦那や兄も騎手!年収や若い頃のかわいい人気画像

宮下瞳騎手の夫や兄も騎手でしたが、現在は引退しています。

家庭を支える宮下瞳騎手の年収はどのくらいあるのでしょうか?

 

また、かわいいと大人気の宮下瞳騎手ですが、若い頃からかわいかったのかも調べてみました。

ノラ
宮下瞳騎手の兄や夫、年収や若い頃から”かわいい”のかがわかります


Sponsored Link

宮下瞳の旦那や兄も騎手?

宮下瞳騎手は、1977年に鹿児島市で生まれ、先に騎手になった兄を名古屋まで追いかけ、地方競馬の騎手になりました。

騎手免許を取得したのは1995年の18歳の時です。

 

そんな宮下瞳騎手の兄は宮下康一騎手で、兵庫県競馬組合の所属でしたが、地方通算7631戦573勝の成績をもち2018年に引退しました。

宮下瞳騎手と目元が似ていますよね^^

 

騎手になった宮下瞳騎手は、2005年の28歳のとき同じ名古屋競馬場所属の小山信行騎手と結婚

結婚後も小山信行騎手の理解のおかげで、2011年までの6年間騎手を続けてきました。

 

2006年の名古屋競馬では、宮下瞳騎手と小山信行騎手が夫婦1着同着となる珍しい記録も達成しています。

宮下瞳騎手いわく「口数は少ないけど、優しい」という夫の助けは大きかったようです。

しかし、妊娠が発覚し2011年に宮下瞳騎手は引退しました。

 

左側が旦那の小山さんですが、優しそうですよね!

そして2012年に長男を出産、続いて次男も出産しましたが、長男が「馬に乗るかっこいいお母さんがみたい」という一言から、再度騎手を目指します

引退から5年が経過し、体も筋肉も衰えていたため、かなり厳しいトレーニングに臨みながら、長男が4歳になる2016年に騎手に復帰しました。

復帰した翌年の2017年10月24日には700勝、10月30日には705勝と現役の国内女性騎手で最多勝利も記録

宮下瞳騎手のように、一度引退してからの復帰は日本の女性騎手としては初めてだそうです。

そんな中、夫の小山信行騎手が、2017年1月から韓国・釜山のゴン厩舎で調教専門厩務員として働くことを決めました。

戻ってくる期間は決まっていませんが、現在宮下瞳さんは騎手を続けながら、夫と別居、子育ても頑張って生活しています。

 

ちなみに結婚しているので、宮下瞳は旧姓で現在は小山瞳さんです^^


Sponsored Link

宮下瞳の年収は

現在、夫の小山信行さんが引退し、韓国で調教専門厩務員として働いているため、宮下瞳騎手の収入の方が多いと考えられます。

日本での厩務員の給与は、約150,000円~280,000円くらいなので、韓国ならもっと安いのではないでしょうか。

 

そのため、ほぼ宮下瞳騎手の収入で生活している可能性もありますが、宮下瞳騎手の年収はどのくらいなのでしょうか?

 

地方競馬の騎手の年収は、一般的に200~1,000万円といわれています。

そのため、宮下瞳騎手の年収は、勝利も納め賞金などももらっているので、大体500~800万円ほどはある予想です。

 

これくらいあれば、生活はしていけますよね^^

夫婦お互いに助け合い、好きな馬に関係する仕事につけていて羨ましいです。

宮下瞳の若い頃のかわいい画像

宮下瞳騎手はかわいい!と人気ですが、若い頃からかわいかったようです。

この画像は2014年37歳の時の画像ですが、足も細くかわいいというよりはきれいな感じです。

宮下瞳騎手がかわいいといわれるのは、目がぱっちりしているからもありますが、どちらかといえば美人系ではないでしょうか?

若い頃はかわいい感じだった?のかも知れませんが、母になりかわいいが消え美人になったように思います^^

大変な騎手の仕事と単身赴任でいない夫、さらに手のかかる子供2人を育てる宮下瞳さん。

 

その凛とした強さが、きれいの秘密なのかも知れません!