井上真樹夫は干されて声優の仕事がない?若い頃から現在や家族は?

井上真樹夫さんが、狭心症でお亡くなりになりましたね。

井上真樹夫さんといえば、ルパンの五右衛門やキャプテンハーロックなど花形声優として有名でしたが、一時期干されて仕事がないとツイッターでつぶやいていました。

 

しかし本当に仕事がなかったのでしょうか?

また若い頃から現在まではどんな活躍をしてきたのか、家族がいるのかも調べてみました。

 

ノラ
井上真樹夫は本当に仕事がないのか、若い頃や現在、家族についてがわかります。


Sponsored Link

井上真樹夫は干されて仕事がない?

井上真樹夫さんは、2011年に30年続いたルパン三世の石川五エ門役を交代してから、声優の仕事がなくなり自身で事務所が仕事がくれないとつぶやいていました。

しかし、その時の井上真樹夫さんの年齢は73歳

 

いくら声優に年齢は関係ないといえども、やはり事務所側も若い世代を使いたいと感じていたのではないでしょうか。

仕事があっても、病気になり降板になるとまた代役を探さないといけないため、大変ですよね。

そのため干されて仕事がないのではなく、ただ単に年齢が高すぎたから、というのが関係者の意見です。

でも今の70代は、仕事があるならやりたいと感じる人が多い時代なのかも知れません。

声優の仕事は年齢が関係ない分、余計にそう感じるのでしょうか?

井上真樹夫さんはそこから黙って仕事を待っていたのではなく、誰かに話などを持ちかけたのかは不明ですが、2014年にキングダムハーツ、2019年にはキングダムハーツIII、スーパーロボット大戦Tなど声優に復帰。

しかし、声優の仕事について井上真樹夫さんは、さらに下記のようなツイートをします。

内容が声優は嫌なのかな?と感じさせるツィートですよね。

ただ、声優の仕事が嫌なのか、という答えは若い頃~現在までの活動にヒントが隠されていたのです。


Sponsored Link

井上真樹夫の若い頃~現在まで

井上真樹夫さんは1938年11月30日山梨県に生まれで、16歳から俳優をしており、声優ではなく芝居を志し友人とともにアングラ劇場を結成し舞台で活動していました。

 

井上真樹夫さんが声優になったキッカケは、お金に困っていた時に「トビーの青春」という洋画をテレビで放送する際の吹き替えのオーディションを勧められたため。

当時声優は、舞台俳優が片手間にやる仕事というスタンスで、かなり下っぱの仕事だったそうです。

そのため、井上真樹夫さんにとって声優をいう職業は、あまりいい仕事ではない印象がを持っていました。

しかし、声優としてブレイクし、1977年放送の「ルパン三世 PART2」以来、30年以上にわたって石川五ェ門役や、「男どアホウ甲子園」藤村甲子園役、キャプテンハーロック、「機動戦士ガンダム」劇場版のスレッガー・ロウ役など、主役の花形声優で大活躍

 

さらに、干されて仕事がないとつぶやいていた翌年の2013年には、映画「劇場版SPEC」に声の出演をしたことがきっかけでドラマにも出演し俳優としても再活動

「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」「家族狩り」などのドラマにも出演し、他にも講演会なども行っていました。

特に最近では2014年の「家族狩り」では、認知症が進んだおじいちゃん役が評判でした。

2019年10月からは80歳でYouTubeに公式チャンネルをオープンし、ウェブラジオの配信も行い精力的に活動範囲を拡大。

しかし、80歳で持病の狭心症悪化のため亡くなりました

亡くなるギリギリまでツイッターなどに投稿しており、パワフルな井上真樹夫さんだっただけに残念です。


Sponsored Link

井上真樹夫の家族や息子はいる?

井上真樹夫さんは、これだけ有名な声優なのですが、家族関係の話が一切できません

そのため、もしかすると結婚せず独身で家族がいなかった可能性もあります。

 

だから、少しでも仕事をしたいと願ったのかも知れませんね。

70代で急に仕事がなくなり一人でずっと家にいると、気分も落ち込むことがあるので、ツイッターに仕事がないとつぶやいたのかも。

 

真実はわかりませんが、井上真樹夫さんの家族についての情報は全くありませんでした。

少し悲しいですね…..。

 

井上真樹夫さんの簡単なプロフィールです。

  • 名前:井上真樹夫(いのうえ まきお)
  • 生年月日:1938年11月30日
  • 出身地:山梨県
  • 所属:青二プロダクション

もし家族がいなくても、多くの仲間や友達に囲まれ、安らかにお亡くなりになったと願っています。


Sponsored Link