ながら運転罰則強化!内容や信号待ち・タバコ・カーナビ・助手席も対象?

ながら運転の罰則が強化されましたね。

事故を起こした場合は一発免停になる他、反則金が3倍になるなどかなり厳しくなりました。

 

しかし、信号待ちやタバコ、カーナビ操作やハンズフリーでの通話などの場合はどうなのでしょうか?

改定された「ながら運転」について調べてみました。

ノラ
ながら運転の罰則強化の内容や信号待ち、タバコ、カーナビ、ハンズフリー通話、助手席での使用についてが2分でわかります。


Sponsored Link

ながら運転罰則強化!罰金や点数は

2019年12月1日から、スマートフォンや携帯電話を操作しながら運転する「ながら運転」の罰則が強化されます。

これは、2018年にスマートフォンや携帯電話のながら運転が原因で発生した人身事故数2790件、そのうち死亡事故45件、5年前と比べると約2.1倍になった事故数を重視し、この先も増え続けることを懸念し施行されました。

 

実際どのように変わったかを、下記のグラフで比較したのがこちらです。

改定前改定後
事故が起きた場合
  • 3カ月以下の懲役or5万以下の罰金
  • 違反点数:2点
  • 反則金:9000円
  • 1年以下の懲役or30万以下の罰金
  • 違反点数:6点
保持してた場合
  • 5万以下の罰金
  • 違反点数:1点
  • 反則金5000~7000円
  • 6カ月以下の懲役or10万以下の罰金
  • 違反点数:3点
  • 反則金12000円~25000円

今回のながら運転罰則強化では事故を起こすと、一発免停になってしまう、反則金が3倍になったことが大きな改定部分です。

 

違反取締は、ねずみ取りのようにわかりにくい場所に警官が立ち、目視で行うとされています。

そのため、スマホなどは見ないようにしておかないと、違反点数3点を切られ、反則金が課せられます。

ながら運転罰則強化改正前と後
ながら運転罰則強化改正前と後の違い

普通車で反則金が18,000円なので、捕まるだけで結構痛いですよね….。

では、どのような場合にながら運転の罰則を受けてしまうのでしょうか?


Sponsored Link

ながら運転罰則強化の内容|信号待ち・タバコ・飲食は?

ながら運転の罰則は「2秒以上画面を見続けるとアウト」です。

そのため、スマホだけでなくカーナビの画面を2秒以上みることも、罰則対象になります。

 

また、車を停止させている場合は、携帯電話やスマホ等の使用は基本的には違反ではありませんが、信号待ちのスマホ操作はかなりグレーゾーンです

最近は信号で止まっている際にスマホをいじり、青になっても発進しないこともあるため、取り締まりを厳格化して信号待ちの停止中でも操作を違反とする傾向になっています。

 

そのため、信号で停まっている時も操作すると、罰則対象になり得ますので、どこかに停止してから操作するようにしてください。

 

電話での会話は、走行中でも基本的にハンズフリーにしておけばOKとされていますが、会話をしながらの走行時は判断が遅れ事故を起こすことが増えるため注意が必要です。

しかし、通話に出るために画面を注視した場合や両耳にイヤフォンをつけている場合は、ながら運転の取締対象になります。

 

 

カーナビの操作は、画面のチラ見はokでも、運転中にカーナビ画面を2秒以上続けて見てしまうとアウトです。

 

運転中の飲食やタバコも、片手で何かを食べる、飲む等は問題ないのですが、ハンドル操作に支障をきたすような飲食等はアウトです。

例えばカップ麺を食べるなど、両手が塞がる場合は罰則対処となり違反になります。


Sponsored Link

ながら運転罰則強化は助手席も対象になる?

ながら運転の罰則は、助手席に座っている人には関係ありません

基本、助手席に座っているだけなら、スマホをみたりTVをみても違反対象にはなりませんが、運転者が気になり2秒以上助手席でみている画面をみてしまうとアウトなので、助手席にいてもスマホなどは使用しない方がいいかも知れません。

 

あるいは、運転者に情報を教えるなどのサポートのみ使うだけの方が、マナーとしてはお互いにいいかも。

やはり運転中に隣で黙ってスマホをいじられるのも、なんだか嫌ですしね^^

話したくない相手なら、黙ってスマホをいじってくれていると助かる場合もありますが、そうでない場合は助手席でも極力スマホはカバンに入れておく方がながら運転罰則改定後は無難なのではないでしょうか。


Sponsored Link