国母和宏が大麻で逮捕!原因はフルボッコ腰パン事件?現在と家族の嫁や子供は?

スノーボード元五輪代表国母和宏さんが、大麻密輸で逮捕されましたね。

オリンピックにでたものの、腰パン事件でフルボッコにされ批判されましたが、それが今回大麻に至った原因なのでしょうか?

腰パン事件も振り返りながら、嫁も子供もいるのに逮捕された国母和宏さんについて調べてみました。

ノラ
国母和宏さんが大麻で逮捕されたことと、腰パンフルボッコ事件・家族のことがわかるよ


Sponsored Link

国母和宏が大麻で逮捕された原因はフルボッコ腰パン事件?

国母和宏さんが大麻密輸で逮捕されましたね。

昔から実力はあるものの、態度が悪かった国母和宏さんですが、今回の大麻密輸は家族もいるため残念でなりません。

 

態度が悪いことと、大麻密輸は関係ないかも知れませんが、オリンピックでみせた腰パン事件はやはり実際そうでなくても印象を悪くする出来事でした。

国母和宏さんのフルボッコ腰パン事件とは、2010年2月9日にスノーボード・ハーフパイプ日本代表としてバンクーバーに向かう際、日本選手団公式ユニフォームを、腰パン、緩めたネクタイ、ブレザーの前を開け放しシャツの裾も出して着こなし、さらにはドレッドヘアに鼻ピアス、サングラスというスタイルで成田空港に現れたのです。

 

その状態をみて問いかけた記者に「結果よりも内容。滑りが格好いいと思ってもらえればいい。最近のスノーボードはすげぇダセえから」と持論を展開し出国。

これをみて日本オリンピック委員会と全日本スキー連盟に対し、国民がなぜこんなやつが代表なんだと抗議が殺到しました。

 

指導をうけた国母選手は、服装の乱れについては「反省してまーす」と発言し、その際聞こえないように「チッ、うっせーな」舌打ちしたため、色々な方面からフルボッコに叩かれたのでした。

しかし、国母選手はこのことについて、あまり気にもしていなかったようです。

 

というのも、その後活躍を重ねながらも、2013年のX Gamesでは採点や國母自身の演技への不服から中指を立て波紋を呼んでおり、相変わらず性格は変わっていない印象を受けました。

そのため、今回の大麻での逮捕は腰パン事件でフルボッコされたこととは関係なく、ただ単に国母選手自身が大麻をどこからか手に入れ使っていただけのようです。

 

とはいえ、国母選手の現在をみていくとケガで選手をやめたことから、ケガが原因で大麻に手が染まった可能性が伺えます。


Sponsored Link

国母和宏の現在は?

国母選手は、オリンピック出場後も活躍を重ね、全米オープンを日本人で初制覇、2011年には全米オープンを連覇し主催企業であるスノーボード用具のトップメーカー・バートン社の広報映像にも起用されました。

しかし、翌年2012年の全米オープンで、決勝前に腰を強打し棄権。

 

2013年に指立て事件が起こしたあとは、大会には出場しなくなり、スノーボードムービーの撮影などに専念するようになりました。

しかし、そのムービーが絶賛され2016年、國母はアメリカのスノーボーダー・マガジンのライダー・オブ・ザ・イヤーの10人の内の一人に選ばれるほどに。

メンズ・ビデオ・パート・オブ・ザ・イヤーで日本人初めての賞も獲得しました。

 

動画をみても滑りはやはりかっこいいですよね!

現在は拠点をアメリカにしながらも、オフシーズンの2~3ヵ月間だけは北海道で家族と過ごしています。

 

やはり態度は悪くても実力はピカイチだったことがわかります。

というものの、性格はよいという噂で技術の腕前はもちろんのこと、コーチとしても人格面でも後輩選手から慕われ、平野歩夢選手とは実質的な師弟関係をもち、平岡卓も尊敬する選手として國母の名前を挙げています。

 

実際寄せられている多くの意見でも、悪くいう人は少なくむしろ生き方を応援する人の方が多い印象があります。

 

この人は良くも悪くも正直で不器用だったんだろうな 今は羽が生えた鳥のよう。海外の方が合っている。

メディアに潰されたけど実力だけで上にきてる感がカッコよすぎる

この人は日本に生まれなければ、叩かれなかったんだろうな。 礼儀を重んじる国民性、個人主義より、協調性を大事にする国民性、それが、守れないなら、いくら能力があってもこの国には、馴染めない。 でも海外で成功して、良かった。

そのため、ものすごい実力がありながら、大麻関係で逮捕されたなんて今回はちょっと残念でなりません。


Sponsored Link

国母和宏の家族 嫁や子供は?

国母選手は2009年に3歳年上の一般女性と結婚し、子供が3人います。

3人目は2018年2月に生まれたようなので、まだ小さいんですよ。

 

オフシーズンの2,3カ月だけ自宅に戻り生活していますが、保育園に連れて行ったり、子供と一緒に遊んだりとかなりイクメンパパなのです。

さらに、子供の足型を腕に入れ墨にして彫り、離れて暮らす時間が多いだけに、それをみて思い出している優しい家族思いのお父さんぶり。

 

北海道に住みログハウスのような一軒家ですが、総面積は500坪!

北海道の雄大な大地に囲まれ、映像を仕事にしながら暮らしていました。

 

2017年にテレビ番組、消えた天才出演時に年収が1億円ほどと話していたので、なんにも困っていない幸せな生活を送っていたのに…。

どうして大麻なんて手を出してしまったのでしょうか。

幸せそうにみえてもやはり映像ではなく、選手として続けたいなど、どこかで感じることがあったのかも知れません。

 

しかし、国母選手は大麻密輸の件に関しては自ら出頭しているので、どこかで悪いことをしている感はずっとあったのでしょう。


Sponsored Link

国母和宏が大麻で逮捕!原因や家族は?のまとめ

国母和宏が大麻で逮捕されました、原因は腰パンフルボッコ事件が関わっているのではないようですが、ケガなどに悩まされたことが関係しているのかも知れません。

また、現在は映像の仕事で1億ほど年収があり、嫁と3人の子供と北海道でのんびり幸せに暮らしていました。

 

そんな中での逮捕、態度に問題があったとはいえ、実力は世界クラスだった国母選手だけに本当に残念です。

 


Sponsored Link