畑岡奈紗の年収やキャディ・賞金ランキング!父親や母親・高校は?

畑岡奈紗プロの年収やキャディ、賞金ランキングはどのくらいなのか?

父親や母親、高校なども調べてみました。

ノラ
畑岡奈紗の年収やキャディ、父親や母親、高校などが1分でわかるよ


Sponsored Link

畑岡奈紗の年収はどのくらい

2019年の畑岡奈紗プロの年収は、約1億7000万円~2億円。

内訳は、国内ツアー賞金6900万円と、海外ツアー賞金917,273ドル(1億32万円を足した金額です。

ロゴルファーの年収はツアー賞金の他、CM出演や、スポンサー契約代など。

畑岡奈紗プロはダンロップと3年で1億2,000万の契約をしているので、ツアー金額に足すと2億超えになります。

 

ちなみに2018年の国内ツアーの賞金は、1億6433万円でした。

 

畑岡奈紗のキャディは誰?

畑岡奈紗プロの2019年現在のキャディは、グレッグ・ジョンストン氏。

ジュリー・インクスター(米国)やロレーナ・オチョア(メキシコ)のキャディーを務めたベテランキャディです。

畑岡奈紗プロの今までのキャディ遍歴は、2016年プロになった頃は母親の博美さん。

茨城県にある「宍戸ヒルズカントリークラブ」で高校卒業から働いており、ベストスコアは81。

 

プロになった2016年からは小俣裕次朗さん。

小俣奈三香プロのお兄さんです。

 

日本女子オープンに優勝し、2017年米国に渡るとアメリカで新しいキャディに変わりましたが、環境の変化で結果がでずキャディに突然の別れをいわれます。

 

そして次のキャディになったのが、デイナ・ドリュー氏で、2017年から2年間一緒にプレイしました。


Sponsored Link

畑岡奈紗の賞金ランキングは

女子プロの賞金ランキングは、海外メジャーの賞金は加算されず、別々にカウントされます。

 

2019年現在、畑岡奈紗プロの海外メジャーの賞金は、917,273ドル(約1億32万円

国内女子賞金ランキングは15位で、約6,900万円でした。

 

ちなみに女子ゴルフ世界ランキングは5位で、日本人の中でトップ10に入っているのは畑岡奈紗プロだけです。

畑岡奈紗の父親や母親・高校は?

畑岡奈紗プロの高校は、ゴルフに専念するために通信制の学校を選んでいます。

まずは翔洋学園高校に入学し、途中で海外で活動を始めたため、海外に対応しているルネッサンス高校へ編入し卒業。

大学には進学していません。


畑岡奈紗プロは茨城県笠間市の田園地帯に、家は別々ですが母方の祖父母の敷地内に住んでいます。

父親は全くゴルフをせず、ゴルフ場で事務員をしていた母・博美さんが練習場に連れて行ったことがきっかけで、小学5年生からゴルフを始めました。

祖父は役所勤め、お父さんは畑岡仁一で地元のホームセンターの山新に勤務するサラリーマンです。


Sponsored Link

畑岡奈紗のプロフィール

畑岡奈紗さんのプロフィールです。

  • 生年月日:1999年1月13日
  • 身長:158cm
  • 血液型:A型
  • ドライバー平均飛距離:250ヤード

畑岡奈紗さんは、小5から中2までは指導者につかず、独学で練習をする中、1年後にはスコア70台を出していました。

中学3年生からは、中嶋常幸が主宰する「ヒルズゴルフ トミーアカデミー」で指導を受けます。

 

名前は米国航空宇宙局NASAから名付けられ、野球や陸上での部活で運動能力が養われました。

2016年10月アマチュアながら、国内最高峰の大会「日本女子オープン」で優勝しプロ転向。

この優勝時は17歳263日で、宮里藍さんが持っていた最年少大会優勝記録を大幅に更新。

さらに1989年に平瀬真由美さんが20歳20日で優勝した、日本女子オープンの最年少記録も更新しました。

 


Sponsored Link