音花ゆりの結婚相手や宝塚の経歴と退団理由!妹相武紗季と似てない?

音花ゆりさんが2018年に結婚し、妊娠しましたね!

そんな音花ゆりさんの結婚相手である旦那さんや、宝塚での経歴、退団理由などを調べてみました。

 

また妹である相武紗季さんとは、似ていないと言われているので比較検証しみます。

ノラ
音花ゆりの結婚相手や宝塚での経歴、退団理由、相武紗季と似ているか?が1分でわかるよ


Sponsored Link

音花ゆりの結婚相手は藤澤信義?

音花ゆりさんは、2018年2月に一般男性と結婚しました。

結婚相手は、「Jトラストグループ」の経営者:藤澤信義(ふじさわのぶよし)氏では?と噂されています。

実際、ニュースではどの情報誌でも一般男性としか記載がなく、詳細などはわかっていません。

しかし、2018年1月26日に配信された海外サイト『Asia Sentinel』の中に、藤澤信義さんが2017年12月に「あいぶゆり」さんと結婚した記載がありました。

“The 48-year-old Fujisawa seems to have made other lifestyle changes as well,
divorcing his previous wife and marrying the 35-year-old Yuri Aibu in December.”

妹の相武紗季さんは本名なので、姉である音花ゆりさんの本名が「あいぶゆり」になり、期間や年齢が一致していたため、そう噂されているのです。

 

ちなみに藤澤信義さんはバツイチで、音花ゆりさんとは13歳の年の差があります。

出会いなどはわかっていませんが、妹の相武紗季さんが2016年に様々な会社経営をしている一般男性と結婚したので、その繋がりで知り合ったのかも知れません。

 

2019年の12月に妊娠6カ月が判明したので、旦那さんが50歳での子供になりますね^^


Sponsored Link

音花ゆりの宝塚での経歴と退団理由!

音花ゆりさんは、元宝塚歌劇団星組の娘役で人気を集めました。

トップスターにはなれませんでしたが、歌が上手い娘役がやるエトワールという役に何度も抜擢されています。

宝塚の経歴は、1999年4月第87期生として宝塚音楽学校入学。

2001年3月に、42人中6位の成績で同歌劇団に入団し、歌唱力の上手さで一躍注目を集め、星組の娘役スターに。

 

愛称は「ゆり」「ころ」「ポチ」で、小学6年生の頃『エリザベート』初演をみて宝塚を目指しました。

ちなみに母親も元宝塚の朱穂芽美さんです。

 

娘役よりはエトワールという歌手での起用が多く、歌の上手さが光っていました。

そして2015年5月に同歌劇団退団、現在は舞台女優として活動しています。

音花ゆりの退団理由は?

音花ゆりさんの宝塚退団理由ですが、32歳の時なので結婚を考えての退団では?といわれています。

宝塚では退団理由は一切いわないルールになっているのですが、以下の理由のことが多いのです。

  • 結婚を考えている
  • トップスターになり満足した
  • やりたかった役ができた
  • 男役は35歳前後、娘役は30歳前後

旦那である藤澤信義さんとも、翌年頃から付き合っていますし、娘役の退団年齢も重なったことから、退団を決めたのでは?と考えられています。

退団の翌年である2016年に妹の相武紗季さんが結婚したことも、関係しているのも知れませんね。


Sponsored Link

音花ゆりは妹相武紗季と似てない?

音花ゆりさんの妹は、女優の相武紗季さんです。

しかし、世間の反応は似ていないという意見が多数。

実際、並んでいる2人を比べてみました。

音花ゆりさんと相武紗季さんは、鼻から下と眉毛は似ているものの、目が全く違います。

後は顔の形が少し違うので、どちらかというと似ていないですね。

 

しかし、お互いに女優と宝塚と道が違い、ファン層も変わることも良かったのかも知れません。

仲がよい姉妹としては有名ですし、結婚時期や出産時期も近いので、ますます仲の良い姉妹として、今度は同じ女優として活躍することを祈っています!


Sponsored Link