佐藤駿のコーチや身長・プロフィール!羽生結弦のペンダント画像も

全日本ジュニア選手権で、ジュニア世界歴代最高合計点の255・11点で優勝した佐藤駿選手のコーチや身長、プロフィールなどを調べてみました。

また、幼稚園時代に羽生結弦選手からもらったペンダント画像もわかります。

ノラ
佐藤駿選手のコーチや身長などのプロフ、羽生結弦選手にもらったペンダント画像が1分でわかるよ。


Sponsored Link

佐藤駿のコーチは誰?

佐藤駿選手のコーチは、日下 匡力さんと浅野敬子さん

メインコーチは日下 匡力さんのようです。

佐藤駿選手は仙台のアイスリンクで練習していましたが、大震災で川越スケートセンターに変わり、その時から指導をするようになりました。

残念ながら2016年に川越スケートセンターが閉鎖し、2018年からは埼玉アイスアリーナで練習しています。

 

日下 匡力さんは日本大学時代に、2000年開催第69回全日本フィギュアスケート選手権に出場

残念ながらシングルが28位に終わり、フリーに出場できませんでしたが、同時期に荒川静香さんや、村主章枝さんたいるので、現在35~37歳辺りでしょうか。

浅野敬子さんもコーチですが、検索してもほぼ情報がでてこない状態のため、今後追記していきます。


Sponsored Link

佐藤駿の身長などプロフィール

佐藤駿選手の身長は160cmです。

現在高校1年生ですが、中学3年で157cmだったため3cm伸びました。

 

そのため、これからも身長は伸びていく可能性が高いため、ジャンプに影響がでなければいいですね。

まだ幼さが残る笑顔のかわいい佐藤駿選手ですが、これからも実力を上げ人気選手になること間違いなしです!

ちなみに男子優勝フィギア選手の身長は、以下のようになっており、このまま伸びない場合は宇野選手のようなかわいい感じになるかも知れません。

  • 羽生結弦選手:172cm
  • 高橋大輔選手:165cm
  • 織田信成選手:164cm
  • 宇野昌磨選手:159cm

ただフィギアスケートは、海外でも身長の高い選手が多く、高いほうがジャンプなども映えるので、この先どうなるかも楽しみな選手です。

ジャンプも4回転が主流に変わってきていますしね!

佐藤 駿選手のプロフィール

  • 佐藤 駿(さとう しゅん)
  • 生年月日: 2004年2月6日
  • 年齢: 15歳
  • 出身: 宮城県
  • 身長: 159cm
  • 血液型:O型
  • 学歴: 仙台市立高森中学校、埼玉栄高校
  • 趣味: 読書、音楽鑑賞

佐藤駿選手がスケートを始めたキッカケは、5歳の誕生日に父親がスケートに連れていってもらい、スケートが大好きになったそうです。

そして、羽生結弦選手と同じ仙台市にある「アイスリンク仙台」で練習をスタートしました。

 

そこから、羽生結弦選手に憧れ練習に励んだ佐藤駿選手は、2015~2017年のノービス時代(ジュニアの下にあたる初心者クラス)で4連覇達成。

2017~2018年のジュニア1年目の全日本ジュニア選手権で6位入賞。

2018~2019年のジュニア2年目で、4回転を飛び始め全日本選手権で16位。

そして2020年、全日本ジュニア選手権で3位、フィギュアスケート・GPファイナルのジュニア部で日本人男子4人目の優勝者になりました!

 

そんな佐藤駿選手がお守りとして試合につけているのが、羽生結弦選手からもらったペンダントです。


Sponsored Link

佐藤駿が羽生結弦からもらったペンダント画像

佐藤駿さんが幼稚園時代に羽生結弦選手からもらったペンダント画像がこちらです。

羽生結弦選手の名前にもある、アメジストのハートと弓矢の形をしたペンダント

試合後の羽生結弦選手とのツーショット写真でもつけているのがわかります^^

幼稚園時代とはいえ、大好きな目標でもあった羽生結弦選手から、メッセージと一緒にもらったペンダントは、一生の宝ものですよね!

今回、そのペンダントをつけ、フィギュアスケート・GPファイナルのジュニア部で優勝!

ジュニア世界最高得点の255.11点で逆転優勝し、本当に良かったです!!