健康

便秘の解消法は白湯?寝る前と起床後に飲む効果は?この差って何ですか

便秘 白湯 効果





便秘って嫌ですよね。

お腹は張るし、スッキリしないし・・。でも薬を飲まないとでない!毎日でない!という人は多いハズ。

この嫌な便秘が解消できる方法があるんです。

寝る前と朝起きた後に行うだけの簡単な方法で、便秘を解消できる意外にもダイエット、肌がきれいになる、健康になるなど嬉しい効果もついてきますよ^^

また11/28のこの差ってなんですかの放送後も、内容を詳しく記載しますね


Sponsored Link

便秘解消法|大ぜんどうを起こすには

 

便秘は腸の動きが鈍いためおこってしまいます。腸の運動は2種類あり、これが下記のもの。・

・ぜん動運動・・・便をゆっくりしか押し出さない
・大ぜんどう・・・かなりのスピードで便を押し出す

便秘の人は大ぜんどうがおきないため、便秘になるのですが、この大ぜんどうは誰にでも起こせるんですよ^^

この大ぜんどうを起こすためのたった1つの条件が食事と食事間は8時間何もたべない。たったこれだけ。

1週間続けた結果、モニター7人中6人も全員が毎日でました!

でも8時間食べないって難しいですよね。そのため夜ご飯を食べて、朝起きるまでに8時間取るといいそうです!

この間の夕飯から朝までの間の時間、何も食べない時間を8時間作ります。

夕飯を睡眠の3時間前に摂り、朝1杯のコップ1杯の水を飲む。

これを続けるだけで朝に便が出るようになります。

では他にも方法はあるのでしょうか?

便秘解消法!白湯を寝る前と起床後に飲む方法

便秘を解消するには白湯を寝る前と起床後に飲む。

これだけで便秘が解消するのですが、即効性はありません。少なくても1ヶ月続けてみると、効果を実感できるようになってきます。

なーんだ。直ぐに解消しないんだ。とやめてしまうのは勿体ない!

実は白湯には凄い力があるのです。

白湯の効果とは

白湯はご存知のように、水を一度沸かして50度~60度程度まで冷ましたもの。

しかしこの白湯には下記のような凄い効果があるのです。

・体温を上げて代謝をアップ
・利尿作用を高めて、老廃物を出す
・美肌効果
・むくみの改善
・内蔵を温め消化を助ける
・便秘の解消

このように白湯は、体をデトックスし体を温め正常な状態へ治してくれる効果があるのですね。

また白湯を飲んだ時に、苦味を感じるような時は老廃物が体に溜まっているサイン。逆に白湯を飲んだ時に甘味を感じるようであれば、デトックスが進み毒素が体から排出されています。

そのため便秘解消のつもりで続けていくと、便秘が解消されるだけでなく体の中からキレイになっていける、そんな効果があるのです

でも効果がない!という人もちらほら。それは飲み方が間違っている可能性が考えられます。

白湯の効果的な作り方と飲み方

白湯の作り方の基本は、やかんか鍋に水を入れ沸騰させて50度くらいに冷まします。

このとき一度沸騰したら、やかんのフタを外して弱火にし、そこから10分~15分さらに熱します。使用する水はミネラルウォーターでも水道水でもどちらでも構いません。

時間が無い時はレンジでもOKですが、なるべくはコンロの火をつかい沸騰させる方がよいと言われています。

レンジで作る場合は、コップ(200ml)に水を入れて500Wの電子レンジで、1分30秒〜2分です。

白湯の飲み方

白湯は3つの飲み方を守ってください^^

1日に飲む白湯の量は800mlから1L。1回200mlとしこれ以上飲むと内蔵に負担が掛かり、逆にむくんでしまいます。デトックス効果があるため、飲み過ぎると必要なものまで流してしまうため、量は守ってくださいね。

白湯は温度が大事です。そのため熱くしたり、冷たくしないこと。温かいけどちょっとぬるいと感じるくらいが、体の中をゆっくり温めていくので効果があるのです。

ゆっくり飲む。白湯はゴクゴクと一気に飲んでしまうと、効果が弱くなってしまいます。そのためゆっくりと時間をかけて飲むようにします。そうすることで体をじっくりと温めて効果を発揮します。時間は10分くらい掛けて飲む感じです。


Sponsored Link

便秘解消法の白湯|夜寝る前と朝起床時の効果

では白湯が体にいい、作り方、飲み方が解ったところで、便秘解消にはなぜ朝起床時と夜寝る前に飲むべきなのか?

白湯を飲むことで、腸を活発にして動かし、水分を補給する効果が便秘には一番重要になってくるのですが、その効果はどういうものがあるのでしょうか。

夜寝る前に飲む効果

白湯を夜寝る前に飲むと得られる効果は下記になります。寝る2時間前くらいに飲むのがおすすめです。

  • 就寝中のエネルギー消費を促進させることができる
  • 身体を温めて体温を上げてくれる効果
  • 胃腸が活発に動く
  • よい睡眠がとれる
  • ストレスの軽減

夜寝る前に飲むと、睡眠中の汗の発汗による水分不足を防止できるため、腸内の水分も保たれたままになります。そして腸が動くことも便を排出するためには必要なこと。

良い睡眠や代謝UPも体の調子を整えるためには大切な要素です。これらを夜の白湯で補います。

朝起きた後に飲む効果

朝起きたら白湯を飲むことで、得られる効果はこんなものがあります。

・白湯を飲むことで内臓温度が高まる
・腸に刺激と水分を与える
・温度で便をほぐしやすくする
・腸が活発になる

朝に白湯を飲むと、身体が温まり体内の働きが良くなるのですね。また腸に暖かいものが入ると固まった便もほぐれやすくなり、さらに水分が行き渡ることで、腸が動き便がでやすくなり、便秘に効果を実感できるようになってきます。

また人の肌は腸を写す鏡と言われるほど、腸内環境は肌にも影響を与えますし、人肌の温かい温度が気分を緩めストレスの緩和にもつながります。

代謝もスムーズに行うことができれば、むくみなども解消してきますし、便秘だけでなく腸が活発に動き体温があがれば一気に体内は良いサイクルに変わり健康になってくるんですね^^

そして腸が活発だと痩せやすい身体へと変わっていきます。

また腸内環境を整えなければ、どんなに高価な基礎化粧品やサプリを使っても吸収されないため、改善は見込めません。

こんなことから便秘の解消だけでなく、身体全体をきれいにする力がありますので、直ぐには効果がでないな・・と思っても3日、1週間・・1ヶ月と続けると効果がジワジワ現れ、いつしかそれが当たり前のことに変わると、ずっと健康な身体やキレイな肌をキープできることになりますよ。

最初は効かないのかな・・と思っても1ヶ月は続けてみてください。


Sponsored Link

白湯を飲みやすくするには

白湯は段々デトックスが進んでいくと、甘みを感じるようになるのですが、それでも飲みにくいな・・・と思う場合はアレンジして飲むことも可能です。

レモン果汁をいれる

レモン白湯は、白湯(200ml)にレモン汁を10滴程度入れるだけで出来上がります。主に大人ニキビなどの美容トラブルに悩んでいる人におすすめです。

はちみつをいれる

白湯(200ml)にはちみつを小さじ1杯いれるだけ。

しょうがをいれる

白湯(200ml)に皮つきのまま薄切りにしたしょうがを2~3枚いれるだけ。冷え性や代謝が悪い人におすすめです。

野良のまとめ

便秘に白湯を朝起きたときと寝る2時間前に飲む。たったこれだけで便秘解消に効果があります。

さらに日中にも白湯を飲むと、身体の内側から健康体質へと変わっていき、腸が活性化してくるとダイエット効果も!

簡単でお金も掛からず、きれいを手に入れることができるので、是非続けてみてくださいね^^


Sponsored Link