なにそれ?

札幌FWジェイのてんかんとは?症状や原因・薬の飲み忘れによる発作は

札幌FWのジェイ選手が持病にてんかんを持っていると告白されましたね。

なんでも薬の飲み忘れで倒れたんだとか。

そんなジェイ選手のてんかんとはどんな病気なのでしょうか?症状や原因、薬を飲み忘れるとどうなるのか?などお届します。


Sponsored Link

札幌FWジェイ選手のてんかんとは?

てんかんはてんかん発作を繰り返す大脳の病気で、年齢、性別、人種の関係なく発病します。

てんかんは脳の慢性疾患で、脳の神経細胞に突然発生する激しい電気的な興奮によって、繰り返すてんかん発作が主な症状。

てんかん発作はけいれん、硬直、短期間の意識の欠落、などがありますが色々な症状がでるのではなく、症状は患者さんごとにほぼ一定で、同じ発作が繰り返し起こることがてんかんの特徴です。

てんかんの症状は?

てんかんの症状は、けいれんや硬直、意識がなくなりなど多々ありますが、日本人の患者数は65万~85万人くらい。主に乳幼児と高齢者に多い病気です。

症状も周りが気づかないくらいの短時間のものから、意識を失って突然倒れ、全身けいれんに至るものなどいろいろあります。

脳のどの部位が異常活動するかによって表に出る症状が違いますが、発作が起こると下記の動画ような症状も見受けられることもがあります。

てんかんの原因は?

てんかんの原因は、脳の障害によって起こるのですが、下記の5つの原因があります。

  • 小児期に発症するもの
  • 知的障害を伴う場合
  • 頭部への外傷
  • 成人・高齢期に発症するもの
  • 遺伝要因が関係する場合

小児期に発症する症候性てんかんの原因は、脳に傷があった、先天性のものなどがあり、すぐに症状が出る場合と、数年後に発症する場合などがあり、例えば難産で新生児が低酸素脳症になってしまった場合などは、数年後に現ることもあるようです。

また知的障害のある子どもはてんかんを併発しやすいといわれており、頭部への外傷は子どもの頃に頭を打った、落ちたなどで起こるのではなく、事故にあったなど強い外力が加わった場合に起こります。

成人や高齢者に多いもので50歳以降に起きるてんかんの原因で一番多いのは脳血管障害で脳出血、脳梗塞、くも膜下出血などがあげられます。

てんかんは、遺伝的要因が関係するため、家族などにてんかんの持病を持った人がいるとてんかんになりやすいと言われています。

では、てんかんの薬を飲み忘れた場合、どうなるのでしょうか?


Sponsored Link

てんかんの薬を飲み忘れた場合は?

てんかんの治療は投薬治療になります。もし薬を飲み忘れ場合はどうなるのでしょうか?

薬を飲み忘れると、発作を起こす可能性が高くなります。てんかんは薬物の体内にある量を一定にすることで発作がおこならない様に調節しているのですが、飲み忘れて薬の体内の量がバランスを崩すと発作が起こってしまう原因につながります。

このことから、てんかんの症状が重篤であるほど、薬の飲み忘れによるてんかんの発作が起きやすくなると考えられます。

ジェイ選手はどのくらい薬を飲み忘れたのかは解りませんが、もしかすると症状が重いてんかんを持病にもっているのかも知れませんね。

てんかんの発作が起こった場合は?

ではもし誰かがてんかんの発作を起こしてしまった時は、どうすればいいのでしょうか?

いきなり倒れけいれんを起こす姿をみると、びっくりして動転してしまいますが、まずは落ち着いてください。

そして下記のことを覚えておいてほしいのです。

1.気を落ち着かせ、冷静になる
2.騒ぎ立てないようにする
3.すぐに救急車を呼ぶ必要はなし

そして身体をゆする、抱きしめる、たたく、大声をかけるなどはやめてください。発作がすぐに収まればいいのですが、大きな発作のときは下記にも注意してください。

  • 火、水、高い場所、機械の側などの危険な物の近くから遠ざける
  • 本人がケガをしないように気を配る
  • 衣服の襟元やベルトを緩める
  • メガネ、コンタクトレンズ、ヘアピンなどに注意する

さらに下記のような症状が続いたときは、すぐに救急車を呼んでください。かなり重い症状が起こっている可能性が考えられます。

・ けいれんのあるなしに関わらず、意識の曇る発作が短い間隔で繰り返す
・ 発作と発作の間に意識が回復していない状態のまま繰り返す
・ 1回の発作が長く続き止まらない。けいれん発作で著しくけいれんが止まらない。

目の前で発作が起きると、自分自身も焦ってしまいますが落ち着いて、すぐに(1分くらい)発作が止まるのか?止まらないのか?
止まらない場合は、救急車をよぶなどの対策が取れるようにしていてくださいね。

野良のまとめ

ジェイ選手のてんかんの告白。怖い病気ではありませんが、周りの知識がないと驚いてしまう発作を起こしてしまいます。

そのため少しでも知識をもっていることで、対応することができますので、これを機会にてんかんのことを知っておいて欲しいなと思います。


Sponsored Link