未分類

ドラフト会議2017の結果速報!現在の指名予想も

ドラフト会議2017が26日の17時から始まりますね。いったい誰がどの球団に交渉され、プロの道を手に入れるのでしょうか?速報をお届したいと思います。


Sponsored Link

ドラフト会議2017の速報!

2017年のドラフト会議の結果速報はこちらです。清宮 幸太郎選手は高校生では過去最多の7球団競合の末、日本ハムが勝ち取りました!

ちなみに全てを合わせた過去最多1位競合は89年野茂英雄選手と90年の小池秀郎選手の8球団でした。

広島カープ

1位 中村 奨成 (広陵(甲)、捕手、右右) ◎
2位 山口 翔 (熊本工(甲)、投手、右右)
3位 ケムナ ブラッド 誠 (日本文理大、投手、右右)
4位 永井 敦士 (二松学舎大付(甲)、外野手、右右)
5位 遠藤 淳志 (霞ケ浦、投手、右右)

ソフトバンク

1位 吉住 晴斗 (鶴岡東(甲)、投手、右右)
2位 高橋 礼 (専大、投手、右右)
3位 増田 珠 (横浜(甲)、外野手、右右)
4位 椎野 新 (国士舘大、投手、右右)
5位 田浦 文丸 (秀岳館(甲)、投手、左左

阪神

1位 馬場 皐輔 (仙台大、投手、右右) ◎
2位 高橋 遥人 (亜大、投手、左左)
3位 熊谷 敬宥 (立大、内野手、右右)
4位 島田 海吏 (上武大、外野手、右左)
5位 谷川 昌希 (九州三菱自動車、投手、右右)

西武

1位 斉藤 大将 (明大、投手、左左)
2位 西川 愛也 (花咲徳栄(甲)、外野手、右左)
3位 伊藤 翔 (四国IL徳島、投手、右右)
4位 平良 海馬 (八重山商工、投手、右左)
5位 與座 海人 (岐阜経大、投手、右左)

DeNA

1位 東 克樹 (立命大、投手、左左)
2位 神里 和毅 (日本生命、外野手、右左)
3位 阪口 皓亮 (北海(甲)、投手、右左)
4位 斎藤 俊介 (JX―ENEOS、投手、右右)
5位 桜井 周斗 (日大三(甲)、投手、左左)

楽天

1位 近藤 弘樹 (岡山商大、投手、右右)
2位 岩見 雅紀 (慶大、外野手、右右)
3位 山崎 剛 (国学院大、内野手、右左)
4位 渡辺 佑樹 (横浜商大、投手、左左)
5位 田中 燿飛 (BFL兵庫、外野手、右右)

巨人

1位 鍬原 拓也 (中大、投手、右右)
2位 岸田 行倫 (大阪ガス、捕手、右右)
3位 大城 卓三 (NTT西日本、捕手、右左)
4位 北村 拓己 (亜大、内野手、右右)
5位 田中 俊太 (日立製作所、内野手、右左)

オリックス

1位 田嶋 大樹 (JR東日本、投手、左左) ◎
2位 鈴木 康平 (日立製作所、投手、右右)
3位 福田 周平 (NTT東日本、内野手、右左)
4位 本田 仁海 (星槎国際湘南、投手、右左)
5位 西村 凌 (SUBARU、外野手、右右)

中日

1位 鈴木 博志 (ヤマハ、投手、右右)
2位 石川 翔 (青藍泰斗、投手、右左)
3位 高松 渡 (滝川二、内野手、右左)
4位 清水 達也 (花咲徳栄(甲)、投手、右右)
5位 伊藤 康祐 (中京大中京(甲)、外野手、右右)

日本ハム

1位 清宮 幸太郎 (早実(甲)、内野手、右左) ◎
2位 西村 天裕 (NTT東日本、投手、右右)
3位 田中 瑛斗 (柳ケ浦、投手、右左)
4位 難波 侑平 (創志学園(甲)、投手、右左)
5位 北浦 竜次 (白鴎大足利、投手、左左)

ヤクルト

1位 村上 宗隆 (九州学院(甲)、捕手、右左) ◎
2位 大下 佑馬 (三菱重工広島、投手、右左)
3位 蔵本 治孝 (岡山商大、投手、右右)
4位 塩見 泰隆 (JX―ENEOS、外野手、右右)
5位 金久保 優斗 (東海大市原望洋(甲)、投手、右左)

ロッテ

1位 安田 尚憲 (履正社(甲)、内野手、右左) ◎
2位 藤岡 裕大 (トヨタ自動車、内野手、右左)
3位 山本 大貴 (三菱自動車岡崎、投手、左左)
4位 菅野 剛士 (日立製作所、外野手、右左)
5位 渡辺 啓太 (NTT東日本、投手、右右)


Sponsored Link

ドラフト会議2017|現在の指名予想

球団 1位指名予想 スカウト予定
千葉ロッテ 清宮幸太郎 早稲田実 斉藤大将 明治大
渡辺佑樹 横浜商大
東京ヤクルト 清宮幸太郎 早稲田実 鈴木康平 日立製作所
馬場皐輔 仙台大
鍬原拓也 中央大
北海道日本ハム 清宮幸太郎 早稲田実 鈴木博志 ヤマハ
草場亮太 九産大
宮台康平 東京大
中日 中村奨成 広陵 石川翔 青藍泰斗
山口翔 熊本工
東克樹 立命館大
鈴木博志 ヤマハ
オリックス 田嶋大樹 JR東日本 村上宗隆 九州学院
巨人 清宮幸太郎 早稲田実
田嶋大樹 JR東日本
中村奨成 広陵
鍬原拓也 中央大
安田尚憲 履正社
増田珠 横浜高
東北楽天 安田尚憲 履正社 柏原史陽 JX-ENEOS
安田尚憲 履正社
中村奨成 広陵
横浜DeNA 清宮幸太郎 早稲田実 増田珠 横浜高
宮本丈 奈良学園大
埼玉西武 田嶋大樹 JR東日本 安田尚憲 履正社
宮台康平 東京大
阪神 清宮幸太郎 早稲田実 東克樹 立命館大
斉藤大将 明治大
福岡ソフトバンク 清宮幸太郎 早稲田実 櫻井周斗 日大三
増田珠 横浜高
岸田行倫 大阪ガス
広島カープ 中村奨成 広陵 岩見雅紀 慶応大
村上宗隆 九州学院

ドラフト会議2017|注目選手

早稲田実の清宮幸太郎選手は、高校通算本塁打111本の史上最多記録保持者で、3年最後の試合は決勝戦で東海大菅生に敗れてしまいましたが、1年生から全国の注目を集めた選手でした。

またウィキペディアにも載っているほどの選手でもあり、ラグビー選手として活躍した清宮克幸の長男です。2017年8月23日の WBSC U-18ワールドカップ日本代表の主将を務め、この試合の後にプロ志望届を提出するという意思を固めました。

高校野球の公式戦に限った通算成績は70試合出場で247打数100安打、打率.405、29本塁打、95打点。[20]50メートル走6.3秒、遠投110メートル。

 

・生年月日 1999年5月25日(18歳)
・身長: 184cm
・体重:100kg

・投球・打席 :右投左打
・ポジション: 内野手

 

いったいどこの球団がゲットするのでしょうか?プロに入っても必ず成功する選手だと思いますので、清宮幸太郎選手を更に伸ばしてくれる球団に入って欲しいと思います。


Sponsored Link