スポーツ

ボクシング2017年末・大晦日の世界戦TV放送!結果やチケット情報も!

年末のボクシングってかなり大人気ですよね!!

リスクを恐れない激しい打ち合い、観ているとハラハラドキドキ感が凄いです^^

そんなボクシングの試合は毎年年末に行われるのですが、2017年はいつどこのTV局で放送されるのでしょうか?また生で見たい場合まだチケットはあるのでしょうか。


Sponsored Link

ボクシング2017年末の放送予定!

2017年の年末のボクシングの放送予定は下記の2日のみになっています。2017年はテレビ東京で行われていた放送がなくなり2社のみとなってしまいました。

12月30日・・フジTV19時~井上尚弥と拳四朗のダブル世界戦
12月31日・・TBS18時~KYOKUGEN2017 トリプル世界選

そして年末ではなく年明けですが大人気だった亀田大毅にボクシングで勝ったら1,000万という企画が行われます。

2018年1月1日・・AbemaTVで12時から22時
これで3日間はボクシングが楽しめそうですよね。では1つずつ内容を観ていきましょう!!

ボクシング2017/12/30 井上尚弥VS拳四朗

12月30日に行われるのは、フジTVで19時から放送される井上尚弥選手と拳四朗選手のダブル世界戦。

WBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥とWBC世界ライトフライ級王者の拳四朗が、それぞれ世界タイトルの防衛戦を行う試合。

試合はは横浜文化体育館で行われます。

井上尚弥選手はヨアン・ボワイヨ選手とスーパーフライ級、拳四朗選手はヒルベルト・ペドロサ選手とライトフライ級の王者を賭けたバトルが繰り広げられます!

井上尚弥選手はこれで7度目のWBO世界スーパーフライ級タイトル防衛戦。対戦相手のヨアン・ボワイヨ選手は同じスーパーフライ級7位のフランスの選手です。

相手のヨアン・ボワイヨ選手ですが、41勝4敗26KOの戦績を持っています。29歳で右構えのボクサータイプ。2012年に最後に敗れてからは31連勝中なのです。

さらに身長が171cmあり高いガードとアップライトで打ち下ろす右はかなり強力。本来の階級はバンタム級なのですが、フェザー級、S・フェザー級、S・ライト級とさまざまな階級で試合をしています。

そんなヨアン・ボワイヨ選手の動画がこちら

しかし井上尚弥選手、必ず勝利を手にして2018年2月に開催予定のSuperFly2への参戦をもモノにして欲しいですね^^


Sponsored Link

ボクシング2017/12/30 拳四朗VSヒルベルト・ペドロサ

次に同じく12月30日に行われる拳四朗選手とヒルベルト・ペドロサ選手の試合。

拳四朗選手は2017年の5月にWBC世界ライトフライ級王者を獲得。10月の初防衛戦に続き、この12月30日が2度めの防衛戦となります。

対戦相手はライトフライ級8位のパナマのヒルベルト・ペドロサ選手。ペドロサ選手は身長が153cmと小柄。18勝3敗2分(8KO)で2度めの防衛戦にはいい感じの選手なのかと。

拳四朗選手はこの世界戦で初のKOも期待されているとのことでしたので、今回はめちゃくちゃ強い選手というワケでもなさそうです。

ボクシング12/30アンダーカードの試合

12月30日は井上尚弥選手と拳四朗選手のダブル世界戦がメインですが、アンダーカードの試合として下記の2試合行われる予定になっています。

清水聡 vs エドワード・マンシト
井上拓真 vs 益田健太郎

清水聡選手は大橋ボクシングジム所属。2012年ロンドンオリンピック・バンタム級銅メダリスト。北京オリンピック・フェザー級日本代表。

2014年3月までは陸上自衛隊の自衛官でしたが、2016年のリオオリンピックに出場できなくなり、プロへ転向しました。

対戦相手のエドワード・マンシトはフィリピンの選手で、同じ東洋太平洋フェザー級のランキング14位/15位中の選手です。清水聡選手は現在東洋太平洋フェザー級のランキング1位なのでこの試合が初防衛戦となります。

井上拓真選手は井上尚弥の弟。8月に約1年ぶりに怪我からの復帰戦を行い、今回復帰2戦目。今まで9勝無敗を記録中で試合は10回戦のノンタイトルマッチです。

対戦相手の益田健太郎選手は2017年1月に東洋太平洋王座挑戦などの準備のため、日本バンタム級王者を返上。現在はWBC世界バンタム級9位にランクイン。

では次に大晦日に行われる試合をみていきますね。

ボクシング2017/12/31 田口良一VSミラン・メリンド

大晦日に行われるボクシングの試合は田口良一選手とミランメリンド選手の試合。

田口良一選手はこれが7度目の防衛戦となります。

本来なら対戦相手はWBO王者の田中恒成選手との王座統一戦だったのですが、田中選手の両目負傷の影響で、メリンド選手との王座統一戦に変更になりました。

そんな対戦相手のフィリピンのミランメリンド選手は2017年5月に3階級制覇王者・八重樫東を下しており、かなりの強敵。田口選手も「攻守ともに一流の相手。激闘して勝ちたい」とこの試合は見ごたえがありそう。

ミランメリンド選手の身長は157センチ。しかもリーチが身長より長い162センチで左フックが得意。37試合中35勝内KOが12ということからパワー型ではなくアウトボクシングが得意なタイプ。

と言葉でいっても伝わらないので、八重樫東選手との試合を観てみましょう

大晦日のこの試合は楽しみですね^^


Sponsored Link

ボクシング2017/12/31 木村翔VS五十嵐俊幸

TBSのKYOKUGEN2017は3試合あり、日本人対決でさらにWBO世界フライ級チャンピオンの木村翔選手(15勝8KO1敗2分)と同級1位の五十嵐俊幸選手(23勝12KO2敗3分)の試合もいいですよね。

2017年7月に中国のゾウ・シミンを倒し王者となった木村翔選手は、指名挑戦者の五十嵐選手との試合が、初防衛戦でもあり地上波初登場!あーこれは絶対にみてみたいですね。(ちなみに指名挑戦者とは初団体から指名された挑戦者とチャンピオンが行う試合が指名試合のことをいいます。)

といっても木村翔選手は中国では英雄ですが、日本ではまだあまり知らない人も多いそう。年末のこの試合を機に一気に飛躍して欲しいです^^

対戦相手の五十嵐俊幸選手ですが、13年4月に八重樫東選手に判定負けしてWBC王座から陥落。世界戦は4年半ぶりとのこと。

2017年の4月の試合ではバッティングによる出血で3回負傷引き分けとなった上に、左眼窩底を骨折。ジムから引退勧告を受けました。引退をする予定でしたが葛西裕一氏に現役続行を勧められ、怪我を完治させこの試合に臨みます!

こんな試合にならずいい試合になるはず!!

ボクシング2017/12/31 京口紘人VSカルロス・ブイトラゴ

最後は京口紘人選手とカルロス・ブイトラゴ選手の試合。

京口紘人選手は、日本ボクシング史上最速・プロデビューからわずか1年3カ月、8戦目で世界を制し、現IBF世界ミニマム級王者になりました。8戦8勝(6KO)

8戦目で世界を制した成績は辰吉丈一郎、名城信男元選手に並ぶ世界戴冠です^^

京口選手は辰吉丈一郎元選手に高校時代3年間毎日ボクシングを教わっていたので、辰吉丈一郎元選手を感じさせるものがあるかも!

対戦相手のカルロス・ブイトラゴ選手はIBF世界ミニマム級3位の選手。33戦30勝(17KO)2敗1分。

ニカラグアの伝説的チャンピオンアレクシス・アルゲリョが育てた最後の弟子で考え抜いたボクシングをする選手。世界タイトルは獲得していませんが、やはり強い選手です。

この試合も楽しみですね^^

試合のチケットはある?

この2試合をTVではなく生でみたい!!という方はチケットがまだあれば、会場でみることは可能です。しかしかなりアクセスが来てサーバーが繋がらない場合が多いので、早めにゲットしておくことをオススメします。

12月30日の試合は販売期間は12月28日まで。12月10日現在既にスタンド席などは売り切れで、残っている席が

アリーナR S席・・30,000円のみ販売中

会場は・・横浜文化体育館 (神奈川県) /15:30 開演 ( 15:00 開場 )

12月31日の試合が2017/12/27(水) までの販売で、12月10日時点で残っている席が

RS席・・30,000円
指定A席・・20,000円 両方残りわずかです。会場は・・・大田区総合体育館 (東京都) /16:35 開演 ( 16:00 開場 )

チケットは チケットぴあ で!! (ローソンチケットは格闘技のRIZINは扱っています)

亀田大毅選手との年明けのボクシングのTV放送内容はこちらで

⇒ 亀田大毅に勝ったら1000万 AmebaTV 

野良のまとめ

年末のボクシングの試合、毎年楽しみですよね。2017年は12月30日と31日の2日間、計5試合のみですが、例年のように波乱や感動があり、さらに今年のストレスや嫌なことをふっ飛ばしてくれる年末ボクシングになってくれると思います。

やっぱり年末はボクシングで締めたいですねよ!!


Sponsored Link